2015年11月11日

大相撲九州場所が始まりました

今年も大相撲九州場所が始まりました。

この時期、天満宮境内に伊勢ヶ濱部屋が置かれている関係で
参道にはこのような幟も立ち、
街全体で、伊勢ヶ濱部屋の力士たちの応援をする雰囲気になります。

DSC02418 (853x1280).jpg

同部屋には、横綱日馬富士関だけでなく、ここのところ好調の大関照ノ富士関も在籍。
四日目現在で、両者とも一敗を喫していますが、まだまだ優勝を狙える位置にいます。
太宰府の街では、皆が大きな期待を持ってその戦いぶりを見守っています。
posted by teradaya at 19:37 | 日記

2015年08月10日

九州国立博物館で開催中の特別展「大英博物館展」

7月に始まった九州国立博物館の特別展「大英博物館展――100のモノが語る世界の歴史」が話題です。

大英博物館(The British Museunm)は、英国はロンドンにある世界最大級の規模を誇る博物館です。
開館は1753年で、世界でもっとも古い公立博物館のひとつでもあります。

20150810_065727839_iOS (252x350).jpg

その1753年と言えば、英国で産業革命が始まろうかという時期。
やがて大英帝国は世界の覇権を握っていくことになるのですが、
そんな歴史的な背景もあり、世界各地から集められた収蔵品は約700万点を誇ります。

今回の特別展では、そんな大英博物館の所蔵品の中から特別に選りすぐられた100点が展示されています。
それも、もともは大英博物館の現館長ニール・マクレガーさん自らが出演した英国BBC放送のラジオ番組
「モノが語る世界の歴史(A History of the World in 100 objects)」として
企画された内容を展示会用に再構成した、というだけあって、
古代からの現代までの世界の歴史を、世界各地で発見されたり作られたりした具体的なモノ
(タンザニアで出土した、200〜180万年前に作られた礫石器から、
経済的にも文化的にもボーダーレス化した現代を象徴するようなサッカーの
コートジヴォワール代表ドログバ選手のユニフォームまで)を
目で見て確認しながら一気に振り返ることができるようになっています。

学生さんであれば、まるで世界史の授業で使うようなカラー図版がたっぷりの副読本に
掲載されているような歴史的な資料を、実際に目の前で見ることができる希有な機会と
なるのではないでしょうか。夏休みの自由研究のテーマとしてもぴったりではないかと思われます。

20150810_065557977_iOS (275x350).jpg

世界史の教科書に必ず載っており、大英博物館の収蔵品の中でも最も有名なもののひとつである
ロゼッタ・ストーンも見ることができます(今回展示されているのは精巧なレプリカではありますが)。
刻まれたひとつひとつの文字、そしてその文字が3系統に分かれて刻まれていることがハッキリと識別できる大きさですから、
これがフランスの研究者シャンポリオンが古代エジプトのヒエログリフ(象形文字)を解読するきっかけになったこと、
ということがはっきりと実感できます。

さらに今回の特別展を忘れがたいものにしているのは、101点目の展示品の存在です。

メインの100点は大英博物館の監修により選ばれたもの。それにつづく101点目は、
展覧会を開催する各博物館側側で考えて企画してほしい、ということだったそうです。

「大英博物館展」の東京会場だった東京美術館(4月18日〜6月28日)では、
101点目として2011年の東日本大震災の時に、避難所に提供された紙管を使った簡易仕切りシステムだったとのこと。
さて、九州国立博物館が選んだ101点目は何か?

それは是非、特別展の会場で実際にご自分の目で確認してみてください!

DSC02181 (350x233).jpg

また、九博に関しては、参道、寺田屋のすぐ近くに、その九博の直営店
「九州国立博物館ミュージアムショップ参道」
が7月20日にオープンしたことも話題です
(九博と同様、月曜日定休)。
様々なグッズ販売のほか、展示会などの情報発信なども行なっていくそうなので、
注目のスポットとなりそうですね。
posted by teradaya at 17:00 | 日記

2015年03月24日

JALのサイトで当店が取り上げられました

JAL(日本航空)のサイト(https://www.jal.co.jp/)内の
連載「地元出身客室乗務員が紹介! Beef or Fish ?」
第3回福岡編で、寺田屋が取り上げられました。

上の日本航空のサイトのHPのJAL旅プラスなび内の

Beef or Fish? Vo.3 福岡 編
https://www.jal.co.jp/tabi/bof/03/
をご覧になってみて下さい。

中ほどにある「梅ヶ枝餅食べ比べ」コーナーに登場、
そこで当店の梅ヶ枝餅を焼いている様子も動画で見ることができます。
posted by teradaya at 16:30 | 日記