2019年11月10日

大分大山農協のうめ・ゆず製品の販売を始めました

11月から独自の「オーガニック農業」で知られる大分県大山町農協の
梅、ゆず製品の取り扱いを始めました。
IMG_4621_.jpg

大変ご好評をいただいております。
お立ちよりの際は是非お買い求めくださいませ。
posted by teradaya at 16:39 | 日記

2019年10月18日

KBCの番組「福岡好いとぉ」で、羽鳥慎一アナウンサー、歌手の広瀬香美さんが太宰府を訪問されました

今週から番組宣伝のCMが福岡では流れ始めているので気づいた方もいらっしゃるんじゃないかと思いますが、
先日、KBC九州朝日放送で放送中の話題の番組「福岡好いとぉ」のロケが
太宰府天満宮参道でも行なわれました。
その模様は来る10月21日月曜日の午後6時55分〜8時にKBC九州朝日放送で放送されます。
  
IMG_3564_.jpg
 
この番組は福岡の放送局のKBC(テレビ朝日系列)が同局開局65周を年記念し、月1ペースで放送しているもので、
テレビ朝日の朝のワイドショー「羽鳥慎一モーニングショー」の司会を務める羽鳥慎一さんと、
その前後を固める福岡の朝の情報番組「アサデス KBC」と「アサデス。九州・山口」の司会を務める
KBCアナウンサーの宮本啓丞さんがタッグを組む番組。
番組内では、埼玉県出身の羽鳥さんを福岡好きにしてしまおうと、宮本アナ中心に羽鳥さんに
福岡の様々な面白い話題を紹介したり、福岡ゆかりのゲストと共に県内各地を連れ回したり、
福岡のおいしいものをふるまったりという趣向で、地元ではすでに大きく話題になっています。
  
今回の放送では、ゲストに歌手の福岡出身の歌手、広瀬香美さん(90年代の大ヒット曲「ロマンスの神様」は
みなさんご存じですね)を迎え、バスガイド役のレギュラー・ゲストである高木悠未さん
(福岡発のアイドル・グループLinQ所属)と共に「はとりバス」に乗り込み、
彼女の母校である福岡女学院を訪れたり、太宰府天満宮参道にある彼女の「想い出」の店を訪ねたり、
みんなで広瀬香美さんにとっての「懐かしの味」でもある焼き立ての梅ヶ枝餅を食べたりする流れになったようです。
 
IMG_3568_.jpg
左から高木悠未さん、羽鳥慎一さん、広瀬香美さん、宮本啓丞アナ

いつもテレビでは拝見していても実際にお会いすると、羽鳥さんの身長の高さは群を抜いていて
(公称182cmですが、もっとあるのでは?と思えたくらい)、さすがは元高校球児と思わせられたりもしました。

IMG_3570_.jpg 

ちょっとだけ聞こえてきた楽しそうな会話ぶりからも、番組がどういう素敵な仕上がりになっているか
今から楽しみです。みなさんもぜひご覧ください!

番組の公式ホームページはコチラです → https://kbc.co.jp/kpre/




posted by teradaya at 16:10 | 日記

2019年04月08日

「梅花の宴」が開かれた大伴旅人邸の場所に関するもう一つの説

4月1日のブログ(http://umegaemochi.sblo.jp/article/185797640.html)でも引用した
森弘子さんの『太宰府発見』(梅鳥社/2003年)に興味深いことが書いてありました。

それによれば、大伴旅人の邸宅があった場所については『太宰府小史』(太宰府天満宮/1952年)
の中で竹岡勝也先生(当時は北海道大学教授)が

「都府楼址(註=大宰府政庁跡)の西北に、藏司の丘と坂本とを結ぶ台地あり。(中略)この大地には今日八幡宮があり、
その近くに一つの礎石を遺して居る。附近には相当の広範囲に亘つて瓦や土器の破片が散乱し、
当時何者かゞあつた事を想像させる場所であるが、この台地こそは帥や大弐の館の址であると考へられない事もない。
その位置が相応しいといふのみならず、大伴旅人の歌に、こゝならば当てはまるものも何首かゞある」

と、『万葉集』に収められた旅人の邸宅に触れたと思われる数十首の歌の中に「丘」という言葉が多く出てくることに注目しつつ、
旅人の邸宅があった位置を、現在坂本八幡宮がある辺りとした「推定案」が一人歩きし「伝説の地」となってしまった。
しかし、その後の発掘調査により、必ずしも万全の説とは言えなくなってきているとのこと。

IMG_1354.JPG
写真は葦書房からの復刻版(1980年)

一方で『太宰府発見』では、赤司善彦氏(現・大野城心のふるさと館館長)による、
政庁跡東側の月山地区官衛跡説も紹介されていました。

IMG_1307_.jpg
 
IMG_1311_.jpg

月山地区は、坂本八幡宮からは政庁跡を挟んでちょうど反対側の太宰府展示館のすぐ東側ですので、
坂本八幡宮のついでにこちらも見て回ることで、ちょっとひと味違う「令和」の発祥地巡りを
楽しむこともできるかと思います。

そうやって万葉のふるさと「大宰府」を満喫するには、当店も掲載していただいている「だざいふなび」の
散策案内(http://dazaifu-navi.com/tour_detail05.php)が役立ちそうです。
こちらも是非ご覧になってみてくださいませ。





posted by teradaya at 16:34 | 日記