2013年02月19日

境内の梅の花、間もなく満開です

天満宮境内には、おおよそ6000本の梅の木があります。

太宰府天満宮のホームページに掲載されている【開花情報】によりますと、
毎年最初に開花する「飛梅」はすでに満開

IMG_7202 (250x188).jpg

境内全体も、2月19日の時点で5〜7部咲きだということです。

境内の梅は紅白含めて約200種類あり、開花時期もそれぞれ違うため
梅の見頃は3月はじめまで続きますが、
まだ寒さのある今の時期ならではの、ひそやかな楽しみがあります。

それは、ちょうど店舗の営業も終了間近の時刻、
人通りもまばらになった境内で。
まだ冷たい空気の中、ふわっと梅の花の香りが漂ってくる瞬間です。

IMG_7216 (250x188).jpg

冬の寒さにじっと耐え抜いて花を咲かせる梅の花。
春の便りを一番最初にくれるかのような、そんな梅の花の愛らしい姿…。
天満宮参拝の折には、そんな梅の花たちをじっくりぜひ眺め、そして感じてみてください。
posted by teradaya at 16:50 | 日記