2015年01月10日

鬼すべ神事とり行なわれる

去る1月7日、太宰府天満宮では毎年恒例の神事、
鬼すべが行なわれました。
ちょうど子供たちの冬休み最後の日に
行なわれるこの神事をもって、
太宰府のお正月もひと区切り
という感覚があります。

火まつりとして有名なこの神事の
クライマックスは、境内奥の鬼すべ堂に
「鬼」を追い込んで繰り広げられる、
攻める「燻手(すべて)」と守る「鬼警固(おにけいご)」の
炎の攻防戦」です。
しかしながら、
鬼すべ堂に向かう燻手や鬼警固の集団が
駆け上っていく勇壮な姿を
参道で見るのもかなりの迫力があります。

DSC00534 (350x233).jpg

DSC00516 (350x233).jpg

とりわけ、松明(たいまつ)が参道狭しと
暴れ周りながら上っていく様は勇猛この上なく、
その危険な雰囲気は見ているだけでも
ヒヤヒヤしてしまうほどです。

DSC00504 (350x233).jpg

DSC00557 (350x233).jpg

DSC00563 (245x350).jpg







posted by teradaya at 19:44 | 日記